LINEで商品売るなら「L Message(エルメ)」機能や料金、メリットなど

その他
その他
この記事は約4分で読めます。
参考サイト

今やLINE公式アカウント(旧LINE@)を使ってビジネスをしている人は多い時代です。しかし始めたは良いものの、商品がまったく売れないことや顧客へのメッセージを送るのも面倒になり挫折している人もまた多いことでしょう。

今回はLINE公式アカウントで商品を売るときにおすすめのL Message(以下、エルメ)をご紹介します。エルメはLINE公式アカウントだけでは難しいビジネスのオートメーション化を図ることができ、ビジネスの初期で大切な「認知」を効率よく行えビジネスの成功に繋げることができるのです。

LINEで売れる仕組みを自動化するなら「L Message(エルメ)」

エルメとは、不慣れな人でもステップメッセージを組むことができ、ビジネスにおける認知の部分をあらかじめ用意しておくことで様々なパターンに対応するためのオートメーションツールなのです。

以降はエルメがどんなことができるのか細かくご紹介していきます。

セグメント配信ができる

顧客の情報を切り分けて配信することができるので、狙っている顧客に的確にアプローチができコスト削減や成約率アップにも繋がります。数多くの顧客にいつまでも一斉にばら撒いていてはコストもかかり続け成約率も上がらないでしょう。

質問、アンケート機能

LINE公式アカウントに沿ったエルメだからこそ質問やアンケート形式に対しても高い回答率が望め、顧客のニーズを把握することができます。従来のツールでは顧客の回答も集めづらくニーズを把握することも一苦労なのです。

LINEステップ

エルメでは月に1,000通まで無料で送ることができます。1日3通送っても1か月で約90通なので1,000通という無料昨日は嬉しい限りです。LINEを使ったステップメールのツールは数多くありますがそのほとんどは費用がかかり月数万円の経費となりビジネスを圧迫してきますのでこの違いはすぐにわかるはずです。

エルメを運営する会社は?

会社概要

会社名         :株式会社ミショナ
代表者         :代表取締役 鈴木隆宏
事業内容        :WEBマーケティングを用いた事業活動支援やプロデュース
会社HP      :https://missiona.co/
エルメ公式サイト:https://lme.jp/
運営メディア    :https://lme.jp/media/

セールスの自動化をして成果を効率よく上げる

セールスする際に個人事業主や中小規模の法人様だとLINE公式アカウントの運用をするためだけに専属のスタッフを雇うことは死活問題なはず。しかしエルメを活用すればスタッフの人件費はおろか24時間365日働き続ける最強の味方になってくれます。

ビジネスにおいて成果を効率よく上げていく上でオートメーション(自動化)は欠かせません。セールスの自動化はエルメを使うことで成果を上げることができるのです。

LINE公式アカウントはエルメを使ってビジネスを成長させよう!

LINE公式アカウントはとりあえず作ってみたけど最初の方にメッセージを送っただけで細かい機能などはよくわからないという人はチャンスかもしれません。エルメを活用すればビジネスを成長させられるはずです!

エルメはこんな人たちにおすすめです。

  • インターネット通販(EC事業)
  • コミュニティ、サロン運営
  • イベント、セミナー説明会
  • メディア運営
  • メルマガ、情報発信者など

もしこれを読んでいる人で、日々の顧客の入会や退会、お問い合わせ対応などが自動化できておらず大変な思いをしている人は試してみる価値はありますね。

エルメの料金プラン

料金プランは2020年現在、2つあり「フリー」と「スタンダード」です。

プラン
フリースタンダード
初期費用無料無料
月額費用無料初月無料、9,800円/月
メッセージ
送信可能数
1,000通/月無制限

この表を見て、さらにエルメを使わない理由がなくなりましたね(笑)

エルメと他社を比較する際は

すでにビジネスをしている人は今集客や認知のためにどのくらいの機能でどの程度の費用がかかっていますか?他社においては初期費用が無料のところもあるでしょう。しかしメッセージ送信可能数に上限があったり、月額料金がエルメの9.800円以上になっていませんか?

あらためて現在のツールのできることと費用を照らし合わせて、考えてもよいかもしれませんね。

LINEで商品売るなら「L Message(エルメ)」

現在の情報社会でビジネスをしていく上でLINE公式アカウントは有効なツールです。しかしセグメント配信、質問・アンケート、ステップメールなどを活用しない限りいつまでも効率は改善されず商品を売っても売っても利益がが少なくビジネスの成長には繋がりづらいです。セールスの自動化のためにもLINEで商品を売るならエルメを試す価値があるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました