【人生に疲れたあなたに】ストレスは考え方・やり方で大きく変わる!

【人生に疲れたあなたに】ストレスは考え方・やり方で大きく変わる!

私は職場でのストレスでうつ病を患ってしまいました。今はほぼ治り、以前と同じような気持ちで過ごせています。しかしそれを乗り越えるまでに色んなネット記事を見たり、SNSで自分の居場所、気持ちのよりどころを探す日々でした。そんな経験でわかったことは、現実の自分を受け入れ、理想とのギャップを理解し、計画的に考え進めていくことが大切だという事です。私の経験が少しでもあなたのためになればと思います。

 

人生 疲れた 希望 ストレス 職場 転職 鬱

 

 

「あなたは今、どのくらい辛いですか?」

急な問いかけですがあなたは何と答えますか?

 

 

答えられますか?私は答えづらいですが、「辛くありません!」と今は答えることができます。

 

それは何故かというと、考え方を変え、何事も余裕を持てるようになったからです。

これを読んだ方に、少しでも活力を与えられればと思い綴っていきます。

少し戻りますが、「どのくらい辛いですか?」という問いは抽象的で答えづらい質問ですよね。そこで私は昔経験したスポ-ツトレ-ナ-時代のことを思い出しました。

例えば、あなたがスポ-ツに一生懸命取り組んでいる中、トレ-ナ-から「がんばって」だけだと何をどう頑張ればいいの?となりませんか?声かけしてくれて頑張ろうとする気持ちにはなるかもしれませんが具体的なコミュニケーションがないと不安にも繋がってしまいます

ですから、私がトレ-ナ-の時には「今日のコンディションは5段階でどのくらい?1が悪くて、5が最高」。そうすると選手は数字で明確に今の気持ち、コンディションを答えてくれます。それをもとにトレ-ナ-としてより具体的な質問、トレ-ニング内容の提示などに移っていけます。こうした方が良いコミュニケーションに繋がり、効果的なトレ-ニング、より良い結果に繋がるというわけです。

辛い時こそ客観的に物事を見ることで、悲観的な現状を冷静に把握でき、嫌な気持ちを打破できるきっかけとなります。

 

 

次に、どの手順で復活を目指すか!(復活゠今より少し良くなるように)

世間ではよく、若くして社長や順風満帆の会社勤めなど所謂“成功者”がたくさんいますね。しかし、上を見たらきりがありません。他を見てばかりではいつまでたっても復活できません。でも、人は比べたがる生き物ですね(笑)私自身もよく比べていましたし、その感情に一喜一憂していました。そして気付いたのです。その比べるという行為は自分自身のメンタルの状態に大きく左右されますし、ほとんど無意味です(笑)そんなことだといつまで経っても復活はできませんし、何も前進しません。

まずは、落ち着いて現在の状況を分析することです。前述しましたが、何が辛いかもわからず何となく辛いというのはとてももったいない状況です。少し脱線しますが、あの有名はトヨタでは「なぜ?を5回繰り返す」という原因追及への考え方があります。例えば、辛い状況にあるとします。それはなぜ?それは仕事が大変だからです。なぜ仕事が大変なのですか?それは上司との関係が悪く不満が溜まるからです。なぜ?と言ったようになぜ?を繰り返すのです。例えとして挙げているのでここでは2回程度ですが、実際の場面では多角的になぜ?の問いかけを最低5回繰り返しましょう。そうすることによって表層ではない深層の原因・理由が見えてきます。

※ 注 意 点 ※

私はこの時期に焦って何かを決めていかなければいけないと思い、心の疲れ、メンタル面が回復する前に動いていました。しかし、結果から言うと悪いことばかりに連想が繋がり、すぐに辞めてしまいました。

もし、あなたがまだ疲れているのならば先に休むべきなのです。

 

 

以下の症状がある時は注意が必要です。

・朝起きるのが嫌だ

・通勤途中に嫌な気持ちになる

・他人と話をするのが面倒になる

・やろうとしたことを先延ばしにしてしまう。

このような自覚症状がある時はきっと心が疲れています。実際に私自身も、やろうとしたことを先延ばしにしてしまい結果何もしないまま1日が終わってしまうこともありました。今思えば、やる理由ではなくやらなくても大丈夫かといった理由ばかり探しており、やる気がすぐになくなっていました。

私が心の回復させるためにしたことは、好きなことすること。そして、その時にほんのすこしだけ辛いことを考えます。(先ほど挙げた5回なぜ?で出てきた内容だと尚よし)

実際私はお酒を飲みに行き、友人と世間話をしました。もちろん他愛もない話や職場の上司の愚痴などを言っていました。そしてこの世間話、愚痴の言い終わった後が大事です。世間話や愚痴゠毒素(嫌なことなど)を出し切った後は少し考える余裕ができます。この余裕が大切です

原因・理由に対する改善

さて次に、深層の原因・理由が見えてきたらそれに対する対策・改善案を出していきます。

心が回復し、改善案を出せるようになったら復活はもうすぐです。

 

ここで再びあなたに質問です。

「あなたはどうなりたいですか?」

お金が欲しい、パ-トナ-との時間を確保したい、自由に過ごしたいなどでしょうか?

私はぶっちゃけ全部でした(笑)しかしよく考えてみて下さい。このような抽象的な欲は行動まで繋がりませんし、達成できないはずです。なぜなら、行動指針や達成可能な目標設定が大変難しく、継続が困難だからです。

 

 

優先順位を決める事

最後に、改善案とあなたが望んでいることとの関係性・重要度を考慮し、実行していく優先順位を決めていくことです。

あなたはどのくらい辛いですか?5段階で教えて下さい。

次になぜ?辛いのですか?理由は何ですか?

この問いを繰り返し挙がってきた原因を明確にします。例えば、朝早く毎日通勤しなくてはいけなく、毎日が辛い→夜遅くまで働いており、それから家のことをして、短い時間寝て翌日の朝電車などで通勤するのが辛い→やはり寝る時間が一番欲しいと思っており、寝る時間が4時間程度だから辛い。とこのように最大の辛い理由が見えてきます。

ここでの寝る時間が4時間程度だから辛いとするならば、この原因に対して自分で最大限考えるのです。もしかしたら寝る際にぐっすり寝れていない(快適な睡眠方法・環境がない)であったり、単純に寝る時間が4時間が合わない(5時間や6時間と試してみて、自分自身のレム睡眠などの周期を把握してみる)など原因から見えてくるものはたくさんあるはずです。そして、そのことに対して自分で考えたのであれば責任を持って行動に移せますし、トライ&エラ-、PDCAを試していけるはずです。嘆いてばかりでは何も変わりません。しっかりと今の現状を具体的に把握していき、自分の出した改善策を見つけるべきなのです。ふんわりした抽象的なものでは、現状を打破する力は弱いはずです。私自身、弱い人間ですが、自分でやると決めたこと・自分で決めたのなら責任もって実行しなくちゃと思います。だからやります(笑)

やると決めたらやる!

あとはやりきるだけ!

私はこれらの方法でやる気を取り戻し、自分を救うことができました。

 

 

もちろん何かを成し遂げる行動は大変なことや辛いことなどあります。しかし、1度きりの人生、どのように過ごすか心持ち一つで大きく結果が変わってきますし、成し遂げている最中も“楽しくやれているのか”それとも“辛く耐えながらやられているのか”とストレスの度合いも大きく変わります。

今の私は、これらのことを受け入れ「人生はつらいこともたくさんある」と認識し、そのつらいことをどう乗り越えていくかを「自分で考え実行していく」ことで前向きに健全な心身でいることができています。その中で自分でこうやる!と決めたことを黙々と実行していくことで結果に繋がり、前に進むことができるわけです。

あなたも行動していくことで今とは違う景色・状況に変わっていくはずです。嘆いているだけでは何も変わりません、誰も助けてくれません。

誰かに決められたレ-ルを嫌々進むのではなく、自ら敷いた未来へのレ-ルを進んでいきましょう

よろしければツイッタ-もやってます(*’▽’) @ogi_show

 

 

トップページへはこちら

転職についてカテゴリの最新記事